アタマジラミ 症状

アタマジラミで頭痛!?

 

アタマジラミって、頭痛を感じるほどのひどい症状になる前に治す人が多いと思いますが。

 

やっぱり、アタマジラミが持っている病原体が原因で発熱や頭痛を引き起こすケースがあるようです。

 

代表的な例としては発疹チフスや回帰熱です。

 

もしもこのような症状が出た場合は、抗生物質を飲まないと、なかなか治らないと言われています。

 

高熱の期間も1週間くらい続くことが多いので、早めに病院へ行くようにしたいものですね。

 

そのまま風邪だと思って放っておくと、回帰熱の場合は、一度熱が下がっても、また熱を出してしまうこともあります。

 

アタマジラミに頭痛や発熱のイメージがないと、なかなか熱の原因がわからないことも多いです。

 

そのため、アタマジラミになっている時に、高熱などが出た場合は、回帰熱や発疹チフスになっていないか、専門の病院で調べるようにしましょう。

 

また、アタマジラミ二感染している期間が長ければ長いほど、当然したこうした厄介な病気になる可能性も当然高くなってきます。

 

子供がアタマジラミになってしまった時には、頭痛や高熱の症状に、保護者の方は気を付けてあげる必要がありますね。

 

アタマジラミのせいではないと、見過ごしてしまう可能性がありますからね。

 

アタマジラミ013