アタマジラミ 成虫

アタマジラミの駆除に必要なアイテム

 

アタマジラミの成虫を駆除するためには、必要なアイテムがあります。

 

それは『目の細かい櫛』と『スミスリンシャンプー』です。

 

どっちも市販で購入できるものなので、アタマジラミだとわかったら、早めに用意をすることをおススメします。

 

アタマジラミの成虫は、市販の普通のシャンプーでは、駆除することが出来ません。

 

アタマジラミ専用のシャンプーが必要になります。

 

スミスリンシャンプーを使わないと、アタマジラミがどんどんと繁殖してしまい、症状が余計に悪化してしまいます。

 

頭皮に沢山のアタマジラミを抱えていれば、当然吸血されることも多くなり、頭皮が赤く痒くなってしまいます。

 

やはりアタマジラミの痒みを軽減するためにも、アタマジラミの成虫を早くスミスリンシャンプーや目の細かい櫛で駆除していくことが大事になってきます。

 

アタマジラミの駆除で一番難しいのは、成虫よりも卵でも、みんなスミスリンシャンプーで、アタマジラミの成虫の駆除までは上手くいくのですが、それから先の卵との戦いで苦戦しているのです。

 

アタマジラミの卵が熱を嫌うと言う性質を知っていれば、簡単に駆除できるのですが、スミスリンシャンプーで駆除したいのであれば、敢えて卵を孵化させてしまい、

 

幼虫の時にスミスリンシャンプーを使うのが有効です。

 

アタマジラミ017

 

アタマジラミは接触で感染

 

髪の根元についているアタマジラミの卵は、接触しても簡単にうつる可能性は非常に低いです。
というのも、アタマジラミの卵はかなり髪にがっしりと産みつけられて、簡単には取れないようになっているからです。
そのため、アタマジラミは接触によってうつる可能性があるのは、卵ではなく成虫です。

 

ただし、卵はスミスリンシャンプーやオイルを使っても簡単には死なないので、熱湯消毒したりして駆除しないと、1週間〜10日くらいで孵化してしまう可能性がありますので気を付けましょう。

 

アタマジラミが産卵できるのは、成虫の期間だけなので、アタマジラミが成虫になる前に駆除できるのが一番被害が少なく済みます。

 

アタマジラミの卵は、熱湯消毒だけではなく、アイロンや乾燥機を使っても駆除が可能です。
ただし、アイロンは洗濯物が多い場合は、かなり面倒になってしまいますので、あんまりお勧めできません。

 

どっちかっていうと、やはり乾燥機の方が、一回でアタマジラミの卵を駆除できるので、家族が多い人の場合は、特におすすめです。

 

そして、乾燥機には冷風タイプと温風タイプがありますが、アタマジラミの卵に有効なのは温風なので、間違えないようにしましょう。
冷風タイプの乾燥機では意味がありません。

 

アタマジラミ0144